体験プラン詳細

潮がつおは、約千三百年前、税金として、西伊豆から奈良の平城京に献上された荒堅魚が原型です。古来から伝わる 製造法と、西伊豆の気候や風土がなければ作ることができません。(現在は西伊豆のみ生産しています) 大量の塩を擦り 込み、冬の西風でゆっくりと乾燥させます。藁で正月飾りを施して、航海安全と豊漁豊作、子孫繁栄の祈願として神棚に 備えます。

「しおがつお」は「正月魚」につながることから縁起物とされ、現在も郷土文化として引き継がれています。  焼き身を細かくほぐして、お茶漬けやうどん、お吸い物、バーニャカウダなど工夫次第でとても美味しく召し上れます。 日本人に馴染みのある味わいで、鰹ならではの旨みがあります。

 田子の鰹漁の歴史や食文化を「見て、触れて、感じて、そして味わう、西伊豆カツオツーリズム」今回のツアーは自分で 潮がつおを作る体験型のワークショップです。

 

 

詳細はこちら>>パンフレットPDF